menu

24時間フィットネスジムのSynerGym(シナジム)ホームページサイト

春ですね~🌸

公開日:2021年04月11日 カテゴリー:ブログ タグ:

みなさんこんにちは!(ㆁᴗㆁ✿︎)

桜は見ましたか?

が綺麗な時期ですね!

 

・:**.。・:花より団子♪︎(*’▽︎’)ノノ —●︎

 

 

最近暖かくなったと思えば、少し肌寒く感じる日がありますが体調は大丈夫でしょうか?(p`・ω・´q)

今日は筋トレしてる人には欠かせない5大栄養素の一つビタミンについて語らせてもらいます。*\(๑• ₃ •๑)*

少し永くなるけど付き合ってください。゚(ノдヽ)゚。

 

筋トレ時に必要な栄養補給として筋肉の材料となるタンパク質は欠かせませんが、トレーニングによって傷ついた筋肉を修復するときにはエネルギーも必要です。そして効率よく修復させるためにはビタミンも重要な働きしてくれます。p(´▽︎`o)ノ゙

 

ビタミンは糖質や脂質のようにエネルギー源になるものでもなく、タンパク質のように体を構成するものでもありませんが、ビタミンは体を調節する役割を担っています。

 

ビタミンは

脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、K)

水溶性ビタミン(ビタミンB群、C)

に分類されます。

 

脂溶性ビタミンは脂に溶ける性質があるため、脂溶性ビタミンを多く含む食品を摂取する場合は、油で炒めることで吸収が良くなることが知られています。

水溶性ビタミンは蓄積性がないため、余分に摂取した分は尿として排泄されます。よって毎日コンスタントに摂取する必要があります。

 

水溶性ビタミンは、主に糖質やタンパク質、脂質の代謝に関わる重要な役割を果たします。

 

 

筋トレの成果のためにも、糖質の摂取と同時にビタミンB1を補うことを忘れないようにしましょう

 

・ビタミンB1を多く含む食材

玄米、大豆製品、豚肉、ハム、たらこ、青のり、こんぶ

 

体脂肪を燃焼させたい場合もビタミンB2を摂取することがおすすめです。ダイエットや減量中の人も意識してみましょう。

 

食事からのタンパク質摂取、プロテインの利用などでタンパク質を摂り入れたあと、自分の体に作り替える時にサポートするのがビタミンB6です。

 

筋トレ時にタンパク質摂取量を増やしている場合は、ビタミンB6を多く含む食品を選んで同時に摂取することをおすすめします。

ビタミンB6が不足していると、いくらタンパク質を摂っても利用効果が悪くなってしまいます。

ビタミンB6は同じB群のビタミンB2の働きが必要となるため、B6とB2一緒に摂ることを意識するといいです。

 

美しい体をつくりたい人にもおすすめです。

 

・ビタミンB6を多く含む食材

にんにく、マグロ、カツオ、サバ、牛レバー、鶏ささみ

 

・ビタミンB2を多く含む食材

豚レバー、牛レバー、鶏レバー、うなぎ、卵黄、納豆

 

ビタミンCは、血液中に存在し、全身の組織をめぐっているビタミンです。

強い抗酸化作用があり、老化や動脈硬化、ガンの原因となる活性酸素を除去する重要な働きがあります。

同じ抗酸化ビタミンのビタミンEと一緒にとることで、抗酸化作用をさらに高める事ができます。

 

ビタミンCを多く含む食材

アセロラ、赤ピーマン、黄ピーマン、キウイ、ブロッコリー、レモン、

 

ビタミンEを多く含む食材

煎茶、ひまわり油、唐辛子、アーモンド、抹茶、

 

他にもビタミンにはいろいろな働きがあります。

そんなビタミンを毎日摂るのは凄く難しいですが、そんな不足した栄養素を提供してくれるのが、ジム内に設置してる、ヘルスサーバーです。

お客様一人、一人にあった不足しがちな栄養素を測定し提供してくれます。 

是非お試し下さい♪

 

ホーム | メニュー・料金 | Q&A | ブログ | 店舗一覧 | 特定商取引法に基づく表記 |